「インプラントの備忘録」の記事一覧

むし歯の原因菌にあっさり溶かされてしまう

乳歯は永久歯と異なって、象牙質やエナメル質の厚さが大体半分位しかありません。なおさら歯の再石灰化の機能も弱いので、むし歯の原因菌にあっさり溶かされてしまうとのことです。 歯のレーザー施術は、ムシ歯そのものをレーザーで消し・・・

インプラントについて、ほとん

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるという手段もあります。 そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れて・・・

インフォームドコンセントをアピール

近頃では歯科医院でもインフォームドコンセントをアピールしているところが増えてきました。特にインプラントなどの費用が高額になる自由診療を行っている歯科医院に多い傾向があります。外科手術というリスクと高い費用、すぐには終わら・・・

手術では他の歯に触れていなくても、インプ

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過・・・

インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷

インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。 普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。血行が促進され、出血が続く恐・・・

手術によってインプラントを埋め込んだ後は極

手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごさなければなりません。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。 血行が良くなると、傷口か・・・

インプラントは他の歯に影響ないといわ

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち・・・

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。 日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかか・・・

インプラント埋入手術では局所麻酔を使い

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。 全身麻酔になることはほとんどありません。 麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。 また、インプラント・・・

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるか

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。 人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ