保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあ

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ