金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
インプラント治療の費用はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療の費用は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。インプラント治療の費用の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療の費用は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ