高額なインプラントは、一体何年くら

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。
自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ