人工歯の中でも、インプラント治療はほと

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。
どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは違います。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ