インプラントは他の歯に影響ないといわ

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。
また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。
入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ