もし、インプラント治療前に歯科

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療の費用のリスクが増大します。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。希望すれば誰でも、インプラント治療の費用を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。大至急歯科医にかかってください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。不断のケアが求められます。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療の費用ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。
インプラント治療の費用はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療の費用は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。
インプラント治療の費用も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
インプラント治療の費用の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ