どんな歯科治療でも費用は気になります

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。
忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。
まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。
虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。それは本当のことではありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ