治療ではインプラント埋入手術が一番の山で

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
残念ながら、インプラント治療の費用は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療の費用は終了です。けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。
標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。急患でも診療を受けることが必要です。どんな完璧なインプラント治療の費用でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。インプラント治療の費用に保険が適用されることはまずありません。全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療の費用は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療の費用を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。インプラント治療の費用を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。
ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ