人工歯としてのインプラントは噛んだ感じ

人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
高い費用も、一括払いには限りません。多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ