人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるか

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。
ほとんどのインプラント治療の費用は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
麻酔のために入院することはまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療の費用はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療の費用が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療の費用は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。忘れてはいけないこととして、インプラント治療の費用を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ