よくいわれるインプラントのメ

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで大きく異なります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ