虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。しかし、それは正しくありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ