インプラント埋入手術では局所麻酔を使い

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療の費用も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療の費用はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療の費用を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療の費用は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費を覚悟しましょう。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。
どんな完璧なインプラント治療の費用でも、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ