今のところ、インプラントの歯根部は

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。ただし、おおよそ相場は決まっています。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ