インプラントについて、ほとん

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるという手段もあります。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできる状況になっています。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ