「2015年12月」の記事一覧

インプラント埋入手術では局所麻酔を使い

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。 全身麻酔になることはほとんどありません。 麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。 また、インプラント・・・

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるか

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。 人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っ・・・

治療ではインプラント埋入手術が一番の山で

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。 ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。あるいは、・・・

もし、インプラント治療前に歯科

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあ・・・

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。 チタンの他、セラミック、金といった・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ